仕事

派遣、人材派遣

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
link
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< おいしい水の物語 | main | サーバーの設置方法! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
水と健康はどの程度関係あるの?
 

人に限らず、生き物の生命活動にとって、水は不可欠な物質です。
通常、質量にして生物体の70縲80%が水によって占められています。
そんな水(水分)を人間の体の隅々まで常に運んでいるのが血管です。
「人間は血管と共に老いる」ともいわれますが、血液をサラサラにしていくことで
血管壁へのコレステロールや老廃物の付着を防ぎます。
これは言い換えれば「血管の若さを保つ」ということで、脳梗塞などの疾病を
予防するとともに、肌年齢、骨年齢を実年齢より若く保ち老化を遅らせることも、
水を飲むことで可能になるのです。

人間の体内からの水分排泄量は、静かに横たわっている成人男子で、
1日2,300ミリリットルです。
もちろん体を動かした時や暑いと時などはそれ以上の水分が排出されます。
1日に排出される水分の内訳はおよそ次のとおりです。

尿:1,200ミリリットル
糞尿:200ミリリットル
不感蒸泄:900ミリリットル

<不感蒸泄>とは呼気に含まれる水蒸気として体外にはき出されたり、
皮膚表面から感知できない程度に分泌される汗のことです。
※ 運動した時や暑い時にかく汗とは別の汗腺から分泌されています。

これだけの量が毎日排泄されているので、
これに等しい分だけの水分の補給が必要となります。

ちなみに1日に最低でも500ミリリットルのおしっこが出ないと、
不要な物質が体内にたまり、生命にとって危険な状態になります。
体の活動を維持するために、人は絶えず水を摂取し、排泄し、
循環させる必要があります。

1日に補給すべき必要最低限の水分量は次のようになります。

飲料水:1,200ミリリットル
食物:800ミリリットル
代謝物:300ミリリットル

<代謝物>とは体内でタンパク質や炭水化物、脂肪などが
酵素によって分解される時に排出される水分をいいます。
水分が不足すると、まず血液がどろっと粘りのある状態になります。
こうした時に脳梗塞、心筋梗塞といった「血管が詰まる病気」が
起こりやすくなるといわれています。

水を飲むことは健康を保つ上で非常に大切なのです。

ウォーターサーバーとは、コックを押したりひねったりすることで、ミネラルウォーターなどが注水される専用機器のことです。

もとは病院や店舗などの待合室や休憩室に置かれることが多く、業務用のイメージが強かったのですが、健康志向ブームにより、現在は家庭向けのものが普及されつつあり、それに伴い宅配 水サービスを行う業者の数も増えてきています。

| - | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 12:11 | - | - | -









http://coldhall.jugem.jp/trackback/128
このページの先頭へ