仕事

派遣、人材派遣

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
link
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 水と健康はどの程度関係あるの? | main | 電気代は本当に月1000円!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
サーバーの設置方法!
 

多くの水配宅業者では、申し込みをすると、
サーバー本体とボトルをダンボールに入れて送ってきます。

中にはアルピナウォーターやアクアクララのように、
自社スタッフがきちんと自宅訪問して設置までやってくれる業者もあるのですが、
そういった業者はごく一部です。

つまり多くの場合、自分で送られてきたサーバーを設置しないといけないのですが、
そうなるとちょっと不安もありますよね?

そう思って、ここでは、一般的なウォーターサーバーの設置方法を、
簡単に説明しておきたいと思います。

今回は標準的なウォーターサーバーである、アクアセレクトのサーバーを使って、
ウォーターサーバーな設置手順を解説したいと思います!

こんな感じで送られてきます。

←まず、こんな感じで送られてきます。







ボトルの方のダンボールをあけるとこんな感じ。

←ボトルの方のダンボールをあけるとこんな感じ。







ボトルを箱から出します。

←ボトルを箱から出します。













サーバーの方のダンボールをあけるとこんな感じ。

←サーバーの方のダンボールをあけるとこんな感じですが、
実はサーバーの上側はあけなくてもいいのです!












サーバーを持ち上げて出すのではなく、ダンボールの方を持ち上げてサーバーを出す!

←サーバーを持ち上げて出すのではなく、
ダンボールの方を持ち上げてサーバーを出す!












アクアセレクトのサーバー本体です!

←アクアセレクトのサーバー本体です!












ボトルのキャップ付近です。

←ボトルのキャップ付近です。












キャップ外側のビニールをはがします。

←キャップ外側のビニールをはがします。












キャップてっぺんのシールをはがします。

←キャップてっぺんのシールをはがします。












全部はがしたらこんな感じです。

←全部はがしたらこんな感じです。












サーバー本体の上の部分です。

←サーバー本体の上の部分です。この部分は水と直接触れることになるので、
清潔にしておきましょう。
(厳密には真ん中の突起部分のみ水に触れることになります。)





ドッキングします。

←サーバーの突起部分とボトルの穴が接触するようにしてドッキングします!

ボトルの重みでしっかりはまる場合もありますが、
入らない場合は少し上から押して見ます。




ドッキング完了!

←この状態になっていればドッキング完了です!

この時、下から空気がポコポコ入っているのですが、わかりますか?

ボトルを入れた瞬間に水がサーバーの中に入っていきます。

この瞬間に、だいたい2リットルくらいサーバーの中に水が入っていきますので、
サーバーとボトルをドッキングした時点で、
ボトルはすでに少し水が減った状態になります。

逆に言うと、ボトルが完全に空になっても、
2リットルくらいはサーバーに水が残っているということですね♪

サーバーのうしろです。

←次は電源を入れますので、サーバーの後ろをみてみましょう。







電源を入れます。

←電源を入れます!












緑のランプが点灯します。

←緑のランプが点灯したことを確認します。







お湯の方の電源を入れます。

←熱湯の方の電源はスイッチで別になっています。

熱湯の方の電源も入れましょう!

(熱湯の電源はコンセントを差してから30分後の方がこのましい、
というサーバーもありますので説明書に従ってください。)


赤のランプが点灯します。

←赤のランプも点灯します。







これで設置完了です!お疲れ様でした!
| - | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - | -









http://coldhall.jugem.jp/trackback/129
このページの先頭へ